ブログトップ

Twins+wan*

norikogen.exblog.jp

***のりこ+げんえもん+ふたごX2 の生活***

年末所感

 一年があっという間に過ぎ去りました。
 
 思えば。
 去年のこの時期は、生まれてくる新しい命をお腹に抱え、重い体で御節を作ったんですね。今年は、体は軽いけれど、きっとスムーズには行かない事が予想されます・・・・。
何せ、子守担当オットットが29日出勤です(泣)。子供の相手しながらの御節作り。もちろん上の子の朝食昼食夕食、下の子の離乳食と同時進行、新たなる挑戦となる、今年の年末です。

 4月に出産、7月、10月に試験・・・・。たった2つのイベントでしたが、どちらも濃くて、盛りだくさんの一年でした。そもそも小心者で、無事出産できるか、無事受験できるか・・・・・心配でたまらない日々でしたが、年始に引いたおみくじが「大吉」だった事を心のよりどころに(危ういよりどころだ;;)猪突猛進してまいりました。
 
 
 おかげさまで、無事出産、無事合格、と相成りました!万歳!
しかし、試練は続く・・・ 子育てという試練、就活という試練。人生そのものが試練だね。

 思い起こせば。帝王切開前の主治医の説明で、「双子2度目だと、大量出血のリスクも高いし・・・・」などなど、散々怖い事聞かされて、今回は無事生還できないかと半べそ状態で手術に臨むも、何せ4月、研修医の格好の勉強材料にされたという事実。手術中、足元で、「そこはそうじゃなくて~」「こうすれば。ね」なんて会話が聞こえた、こっちのほうが怖かった ;;
 でも、赤ん坊との対面はそれはそれは感動的でした。上の子たちの出産より1割ほど大きく生まれた下の双子。げんさんとちょうど同じくらいの大きさだったね。

 上の子達は4月から保育園へ。いいとこのぼっちゃんじょうちゃんだと思っていた(のはハハだけ?)が、鼻垂れワンパク園児に変身;; 泣。でも、保育園で散々風邪をうつされたおかげで、徐々に丈夫になり、しょっちゅう高熱を出しでは解熱剤を処方されていた長男も、熱を出す事が少なくなりました。「丈夫になったねぇ。」と小児科医。 
 そして2歳過ぎのイヤイヤ期を経て、また一段と幼児になってきました。振り返ると、イヤイヤ期は短かったかも。といってもまだちょっとイヤイヤ残ってますが、始まりは2歳過ぎ、現在2歳半でずいぶん聞き分けもよくなってきています。

 下の子たちは、母乳もぐびぐび、ミルクもぐびぐび飲み、すくすくとでっかくなっていきました。
連れて歩くと「大きいわね~」なんておばちゃん方によく言われます。でもでも。8ヶ月で8キロ前後。同月齢、同じくらいの体重で、「小さいのよ」と言っていた、いとこの子と同じくらいなのですよ。
何で何で、うちの子は大きいと言われるの?! と。よくよく観察してなんとなく判明。わが子は顔がでかいでした。

  
  私はといえば。試験に合格し、祝賀会や就活にての面接で、双子育児と勉強の同時進行に驚かれることに驚き。(半分お世辞でしょうけどね^^)。そういえば、論文(2次)試験は産後3ヶ月だったのか・・・と、自分に感嘆。「淡々と勉強してただけでしょ」とオットットは言うけれど、一体どうやって勉強していたのかはもう思い出せません。
 そしてただいま就活に苦戦中です、ニンゲン相手は試験より難関だーーーーと叫びたい日々です。
 何しろ、面接では強気に行くんですが、根が小心者ゆえ・・・・・後から次々不安になり情緒不安定。あ、小心者って書いたの2度目だ。
 しかも、年内に連絡、との面接でのお話だったのに未だ採用不採用の連絡ありません、2箇所。来年に持ち越しか?!年始の大吉の効力切れちゃう~と情緒不安定に拍車がかかります。願わくば大吉の効力の及ぶうちに・・・・・・。


 
 そんなこんな一年でした。まだまだ書き足りないけれど。それは追々ね。(そういえば、読書記録も『追々』分がまだ残ってるよ^^)



 最後に、日常を、非日常にしてくれた子供達にありがとう。非日常の中であっぷあっぷしている私を支えてくれた爺婆パパにありがとう。日々ネット上で垂れ流す愚痴を聞いてお返事くれたお友達にありがとう。


 それから、ここのところキャパオーバー気味で些細なことでイライラ、子供達やプリンターをしかりつけてました。ここら辺で、特に子供達には・・・・優しくなろう、と気持ちを入れ替える事、宣言!明日からの御節作りに向けて、気合!

        以上!




 

 
c0102017_2256021.jpg

[PR]
by norikogen | 2010-12-28 22:13 | Noriko