ブログトップ

Twins+wan*

norikogen.exblog.jp

***のりこ+げんえもん+ふたごX2 の生活***

<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

疎開生活2週間、そしてやっと東京に帰ってきました。

疎開(?)したのは、3月14日月曜日の深夜。夜のニュースで、福島原発が爆発するとかしないとか、かなり緊迫した状況になっている中帰宅したオットットが、
「このままではチェルノブイリとおんなじで・・・・(以下略)」
などと言い出した。
詳しい情報もなく、しかも私は夕方アンパンマン鑑賞だったのね。
更に悪い事に、不安を増幅させるの、大得意なんですオットット。
「(オットットの)実家に疎開だ」と言う。
それは勘弁。絶対勘弁。てなわけで、代替策として、信州のわたしの叔父の家に疎開しない?と言う話しをしたのです。
実家の爺に電話したところ、弟がおり、とりあえず、弟一家も一緒に行こう、なんともなかったらすぐ帰ればいいじゃん!と言うことになり・・・そのまま深夜にセレナで信州へ向かいました。
(オットットには最悪の事態なったらそこから更に実家に南下すればいいじゃないの?と言うことで納得していただき。)

当のオットットはまさかすぐに出るとは思わなかった・・・などと言ってましたけど。

しばらく親戚宅にお世話になっていました。
オットットと弟とげんさんは、翌日東京に帰りましたので、母2人子供5人に叔父叔母。途中から婆参加。
家は広いので、走り放題の双子、そして下の双子もあちこち這いずり回り、つかまり立ちをしたり。引き戸をあけてみたり。
たった2週間の間にずいぶん成長したものですよ。びっくり。

あちらでは弟のお嫁さんのYちゃんが、ずーーーーーーーっと子供の相手をしていてくれました(大感謝!)ので、私はもっぱら買い物炊事係。
3歳近い2歳児二人と4歳近い3歳児(弟の息子、上の子達とほぼ1歳違い)のやりとり、喧嘩、新たな展開についていけなかったです、私。気が短すぎるのね、そして、小心者ですから。

ただ、しばらく子供べったりから解放された時間、貴重だったかも。貴重な時間を災害ニュースであたふたして過ごしてしまった。猛省。

ただ、やはり疲れ果てました。。。。。
4月から勤務だし、帰りたい・・・と東京への思いを募らせていたところ、就職先から勤務は5月からね、とメールを頂きました。同期情報では私の机が届かない?とか。そして4月途中から勤務より5月からのほうが経理も分かりやすいから。
後半の理由は想定内でしたが、前者はまったくの想定外の理由で。和んでしまった^^。
重大な被害があったのかと、心配してしまいましたの、小心者ですから・・・(2回目)。

原発も落ち着かず、なんだか、水に放射性物質?こちらも正確な情報がなく、いろいろと判断しにくい状態ですが、とにかくこの災害からの我が家の復興(精神的にもね)は長丁場になりそうなので、
この状態で東京で暮らす事に少し慣れようよ、と私は思うわけです。

叔父さん叔母さんにとても良くしていただいたし、信州を発つときはちょっぴり寂しい気もしました。
でもやはり住み慣れた家はいいなぁ。
げんさんは2週間静かな家でくつろいでいたのに、急にまたうるさくなって1階にプチ家出を試みたりしましたが捕獲されました。




目下最大の難事は、いつも利用しているネットスーパーがサービスを停止している事。
買い物できない。と思うと買いすぎちゃうからこれがまた困るんです。小心者(3回目)なんです。
[PR]
by norikogen | 2011-03-25 19:24 | Noriko
 3月になりました。次男は保育所へ通い始めて2週間が過ぎ、私は三男と日中のんびりを満喫中です。
 昼間子どもが1人ってこんなに自由なんだ、と、感動しきりです。1人と2人とでは1人しか違わないのに、ストレスがぜんぜん違う。
 なんといっても自由!気軽に外出散歩できるし、三男はおまけみたいに付いて回っているだけだもの。しかも、この子、とってもおとなしくて、いつもにこにこ母を見ております。
そんなわけで、ここのところストレスでやや増えていた晩酌時の酒量も減り、まさにめでたしめでたし。ただ、あまりに自由でうろうろ外出しているのと、保育所送迎(上もね)が増えたため、体力的にはまだまだお疲れです。


ところでここのところ、2歳8ヶ月の上の双子のイヤイヤが再燃焼中であります。年末前後、ああーーずいぶん落ち着いたな、と思ったのに、最近復活した模様。
それも、言葉が増えてきたので、「イヤ」、だけではなく、
「ヤダ」「キライー!」「イラナイ」などバリエーションも豊富です。
食事のときに「おいしいねー」と言うと娘が「ヤダ、まずいー」続いて長男が「オイシクナイーー」
「寝よう!」→「ヤダネナイ」 
「お風呂入ろう!」→「ヤダー オフロヤダー」
てなぐあい。とりあえず反抗したいのね・・・・と思いつつ、ヤダヤダに付き合っているとまったく先に進めないので強行突破です。。。
でもでも。。。ちょっと前は「おいしいねー」と仲良く食べていたのに、ごはんはまずいと言われ、挙句の果てに、ママキライー、と言われて叩かれ。母は悲しくて泣きそうだよ。まあ、こちらも、最終手段で、「寝ないのならママ出てくからね!」とか「おばけに電話するよ(電話して寝ない子連れてってもらうよ)」などなど、ついつい脅しに出ているのでお互い様なのか。
脅しはいけないと思い、その度猛省しますが、何しろコレが一番効果テキメンなんだよ・・・。キライと言いつつ、やっぱりママ好きなのかな。

 そうだよ、ママ好きなんだよね。食事のときも寝るときも、下の2人が母の手を離れるのを遊びながら待ってるだよね。最近下の子が離乳食を一緒に食べ始めたのが気に入らないのよね。
ああ、甘えたいんだな、それでイヤイヤぐずぐずするんだって、知ってるんだけど、かといって、気を引こうとげんさん叩いたり、妹叩いたり、そんな長男を叱らないわけにも行かず悪循環。いつも叱ってばっかりの私も疲れるし精神衛生上よくない、よくない。
何かうまい方法ないかなー、と今週に入って、英語の勉強も就活もそっちのけ、たくちゃん(三男)と2人で静かに思いをめぐらせています。悩める母なり。 
 そして次男は、と言えば、やはり保育所でも、あちらこちらに這いずり回り、気に入ったおもちゃを見つけては、「あーー。ぎゃーー!」と奇声を発している模様。勿論我が家でもしかり。
ああ、保育所入れてよかったな、と思います。次男にとって。きっと我が家より自由に動き回れて楽しいんでしょう。昨日は保育所の先生の顔をみて、にかーっと笑いました。だんだん預けられるのを理解して泣くのかな、と覚悟していたので、母脱力。
 一方、三男はべったりママっ子まっしぐらです。母の姿が見えなくなると、絶叫大泣き。まだはいはいできないのに、なんとかはいずって、母の後を追います。
話しかけると「んだーんだー」と相槌打ってくれます。東京生まれ東京育ちなのに東北弁の三男。

げんさんも日中静かで少し粗相減ったかな。また、ぼっさーマックスに近づいたのでママカットしようかとも思いましたが、爪も伸びてきたし、肉球の間の毛はかなり格闘しないと難しいので、近くトリミング予定。



c0102017_13532077.jpg


c0102017_13534974.jpg




げんさん、早く暖かくなって欲しいね。そのころにはきっとパパは花粉症でダウンしちゃうだろうけれどね。



そうだそうえいば、子どものアルバムの続き作らないと。。
[PR]
by norikogen | 2011-03-01 13:56 | Twins